2017年1月9日月曜日

< 優先度 >

< 優先度 >
その国土に「像」が溢れようが一部海外にも造られようが、いずれそんなところには訪れる者が居なくなるだけである。
片や毎日尖閣を周回し日本の海保に向かって共産「中国の領海・領土」から「立ち去る」ように警告されて、着々と「実効支配」されていることには、この“政権”もその“与党幹部”も声明のひとつも出さず、国会でも論議しない。・・・こちらは、遠からず“行きたくても、行けない”事態となるだろう、間違いなく。
米国は従来から、まして新政権はまったく関心を示さないだろう、“ご自分で対処を!”と。

まったく、馬鹿げた、少なくとも数十年いや百年単位で続く、近隣への「迎合」と「蔑み」の心根の表\れだ。

“大衆”(赤絨緞を踏む者も含んだ、そこそこ高等教育を受けたアン・・タン達、の意、「民衆」ではない)への迎合とは、こういう実態を指して云うべき概念だ。

メディアを支配しているこの“大衆”達は、同類の評論家に半島の人達をこきおろさせ、お笑いタレントの“コメンテーター“には小ばかにした発言をさせて、広告料を稼いでいる図だ。

どの国も、自身の国益(国民の生活の発展・維持、領土、領海、領空、を守ること)以外のことを政策に掲げる政権などない。・・・いま、騒ぎ立てているトランプもプーチンや習その他も、それだけであって、その外の何物でもないし、何か特別なものを持ち合せてなどいないのだ。
 得て勝手な「思い入れ」など無用どころか有害である。

「やり過ごしてはいけない、見過ごしてはいけない事」の「優先度と強度」を図れない政治は、いっそうのこと、国民を貶め貧せしめるものだ。


政治家として身を立てる上で最も重要な素質は何だと考えますか?

政治家として身を立てる上で最も重要な素質は何だと考えますか?

< “恒常”の時空 >

< “恒常”の時空 >
“この世”の中に「貴種」など存在しない
けれども、民衆が存立させているのである。
すべての者は、遡れば上るほどに俗にいう何処の馬の骨か分からぬもので、それでも一休ではないが自己認識する“糞袋“として何らの不都合など無く、これだけは例外なく、唯一と云ってよい万人に平等であるにも拘らず・・・。

なぜだろうか?

本当に問われているのは、その“当事者“のことではない。

民衆は、ときに一瞬にして無になることさえあるこの変動して止まない日常において、それらから遠く離れて振り返り顧みることのできる地歩が無くては、将来に向けて生きることができないのである。
”揺らぎない心”が 内在する“恒常“という「理念」の共有が無くては連綿と生き続けることなどできはしない。
その存立はそのお蔭なのであり、またその限りにおいてのみである。
その“恒常“を、民衆が捨て去るようなことはしないからである。

 その恒常の在り様が、国や民族の歴史の中で異なるだけのことである。
・・・“恒常“という抽象の理念を“かたち“に表\わそうとすれば、その途端に、永遠の存在をおし戴く宗教か、もしくは、誰にとっても観ることも想い起すこともできない遠く霞んだ歴史の彼方から到来したものとするより外に方途が無い。・・・だからこそ、宗教「のようなもの」の装いを纏って現れるのである。

この“理念“を担いかつ承継される歴史であり得る“共有されるもの”の具象は、“復活した永遠者“や”還相する者“として一旦”あの世“に逝ったものを”この世”に甦らせたものであるか、若しくはあの世を通過させず”この世”に設えるためには“家”でしかなかったのである。

事象の根底に至りつく「抽象」をまったく欠いているがために、共有する理念と家と、元来そもそも孕んでいる矛盾が判らないのである。

いつか必ずと云ってよい、歴史の盛衰に晒されることになる、それは、誰にもどうしようもない自然だ。・・・、むしろ、そのとき、前時代へと退行する動向を危惧し、注視すべき時が到来するだろう。

いま、当事者だけでない、ほとんどすべての者が誤解している。誤解からは、どんなに事跡を遡っても事例を探し出しても答えなど出て来ることはない。それぞれが自身に都合のよい部分を拾い上げて反目し合うことになるだけである。

< 分断と亀裂 >

< 分断と亀裂 >
 朝鮮も共産中国もロシアも、同時には一人で背負える相手ではないのに、長年のたぶん小人数の気心の知れた者だけの間でのみ共有された想念に基づいて着手したその事と次第が多少とも明るみになってきた途端に、当初はただ単に“何となく”同類とみていた多くの保守や右翼の者達が、ある種の「いら立ち」を感じ取るようになってきているのだ。

 もともとが、「やり過ごす」などという手法は国際場裏では禁物であるのに、それは従来通り踏襲しながら、何か第三の道でもあるかのように思いなしているかのようだ。

 対外だけではない、内にあっては、本来「気概」をみせるべき存在が、たぶん欧州の大地主貴族の例に拠るのであろう、元来は“家”庭内の事を政治課題に仕立て、騒動の態である。

 いずれも、国政を担うことなどできない事を数年前に実証した“左”の者達の間では、左程の意見の違いなど見受けられない案件だ。

 ところがこれらの事案は、保守の者達の間では、相互にある種の懸隔があることに気付かされることになった。分断され亀裂が産みだされたのである。
近い将来、ますます超えられないほどに深く大きくなって行くに相違ない、その亀裂と分断に、保守・右翼は、その内部でそれぞれの陣営を相手に消耗戦を交えることになって行くだろう。

 赤絨緞が瑣事にかまける“大衆”(似非インテリ集団の産物のこと)の手で貶められるその結末が世の中に何を齎すか?


沖縄・辺野古の基地建設工事が再開され、今後抗議活動が盛んに行われると思われます。

沖縄・辺野古の基地建設工事が再開され、今後抗議活動が盛んに行われると思われます。それを「反日」的な行為だと批判する人々もいますが、大東亜戦争での地上戦、戦後のアメリカによる統治、念願の祖国復帰が叶っても残る基地問題、日本国の為にこうした犠牲を払い、それに耐えあぐね抗議の声を上げれば「反日」と糾弾される、そのような立場に置かれれば、実際に(そのようなことは無いと思いたいですが)「反日」的な考えを抱いても何ら不思議ではないように思います。これもまた、国防をアメリカに依存してきたが故の悲劇ではないでしょうか。本来国家果たすべき役割を放棄してきた責任は大きいと思います。

< 言い訳け行脚 >

< 言い訳け行脚 >
仮に、どの国の所有物でもない(周囲が公海であれば尚更に、これは二国間ではできもしない空想で)、あるいは二島が先行して、となってもその場合はむしろ尚更“沸騰する”だろう。
自身がメディアを使って醸し出してきた“無用な期待”に自身が振り回される破目に・・・。
少しは褒めてもらえるかとでも期待していたのだろうか・・・、至る所で、“いや違うんです、相手はああもいいこうも言っているですよ“と、むしろ機密の事があれば、ただじっとトキを待つべく静かに坦々と交渉を進めるべきを、逆に”信頼”を損なうようなオシャベリをして廻っている。

党内で文句を言う者のその言い草も「せめて謝らせるぐらいなぜしない」と、ただただ“情”に訴えるだけの、情けない程の低劣さだ。・・・共産中国には数百人引き連れて揉み手で僅か数分のご挨拶に北京に出向く者達の言だ。・・・戦勝品である、返す事由など本来無いものである。破棄することができない条約などこの世の中にありはしない、むしろ、だからこそ”戦争”があるのだ。謝るわけなどないことを要求するバカがいるとは、何というオメデタイことか??!!

島が領土として還ってくることなど無い、遠い将来に国際法なるものが“容認”する事由による物理的闘いで勝たない限りは、とは、ごく普通のだからこそ真っ当な庶民はよく分かっている。・・それが、政治家には分からないのである。

初めから、“領土課題は難しくそれこそ「百年の計」のひとつだ、共産中国・米国・半島とのロシアの動向を踏まえて“経済”関係の深化から進める“と云えばよく、それを実際に強力に進めるべきを!!・・・やはり、トップには「自身で政策を打ち出す」ことのできる「経済通」でないと!!

外交・軍事などどのような課題も経済が基本だ!!当たり前のことだ。

皆さんは、どう捉えているか?





日米合同委員会の研究 読まれましたか?

日米合同委員会の研究 読まれましたか?

「戦後再発見」双書5「日米合同委員会」の研究 謎の権力構\造の正体に迫る
吉田敏浩著 刊行年月日 2016/12/20 創元社 
http://www.sogensha.co.jp/booklist.php?act=details&ISBN_5=30055
日本の超エリート官僚と在日米軍の軍人たちが毎月2度行う秘密の会議「日米合同委員会」。そこで合意された取り決めは日本の法律・憲法よりも、強い効力をもっている。しかし、軍事、外交、司法のさまざまな側面で、日本の主権を侵害し続けるその協議の内容は厚い秘密のベールに包まれ、ほとんど公表\されることがない。米外交官から見ても「きわめて異常」と評されるその驚くべき実態に、第一人者の大宅賞作家、吉田敏浩がせまる!

PART1 日米合同委員会とは何か
PART2 なぜ日本の空は、米軍に支配されているのか
PART3 日本占領はどのようにして継続したのか―\―\「占領管理法体系」から「安保法体系」へ
PART4 最高裁にもあった裏マニュアル
PART5 密室の協議はこうしておこなわれる―\―\富士演習場をめぐる密約

[報道ステーション]憲法を越える存在!?非公開の日米合同委員会2016/12/07 1:31 PM 

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2016088.html

所詮、国会で行われていることは茶番劇にすぎないのですね。